MENU

腰痛マットレスと畳布団

タイヤメーカーで有名なブリジストンが製造・販売するマットレスの多くは、ウレタン素材が多く使用されています。ウレタン製のマットレスと聞くと軟らか過ぎたり、ヘタりやすかったりといったイメージがあり、腰痛の原因と思われがちです。ウレタン製のマットレスは製造コストが安く、販売価格も安価です。ただし、ブリジストン製のマットレスはただ安っぽいウレタン製のマットレスとは異なります。ホームセンターなどの量販店で店頭に並んだ場合でも、ただ格安のマットレスより高品質です。

 

ブリジストンは、タイヤメーカーということもあり樹脂材料の取り扱いに関して、非常に高い技術があります。そのため、近年ではタイヤの静粛性を確保するため、軽量なウレタン樹脂やスポンジをタイヤ内部に取り付けています。人間よりも重量のある車にウレタンやスポンジを使用することは高い技術力が必要です。特にブリジストンのマットレスはウレタンを主材としながら、硬さを変更する技術があります。また、その硬さはポケットコイルやボンネルコイルにするほどの反発力があります。マットレスの硬さは、N(ニュートン)で表されますが、ブリジストンのマットレスをこの数値で表した場合、コイル式のマットレスと差がありません。そのため、安価な予算で腰痛予防のマットレスを購入する事が出来ます。
itami
ブリジストン製のマットレスのオススメポイントは、安価で腰痛予防が可能なだけではありません。その殆どが、折り畳み可能なマットレスであることです。現在でも、日本の住宅事情は収納性をこだわっています。そのため、マットレスが折り畳み出来ることは非常に重要なことです。ブリジストン製のマットレスは、安いもので4000円程度から購入可能で10000円台や20000円台となると硬さの選択肢が広がる上、耐久性も高くなります。しかし、腰痛予防を謳うマットレスに比べて比較的に安価なので、予算の限られる家庭において非常に魅力的です。

 

その他、ブリジストン製マットレスの魅力は、価格や腰痛予防の効果がありますが、近年目立つのは収納性および汎用性です。収納性は、従来一般的だった三つ折りから六つ折りになり、収納時の省スペース化が図られています。また、汎用性という部分では、折り畳むことでソファーとして使用することが出来ます。ブリジストン製のマットレスがソファーに使用できるのは、ウレタン製でありながら、適度な硬さと耐久性があることが可能にしているものと考えます。特に、一人暮らしの方にはブリジストン製のマットレスでソファーにもなれば、収納性や腰痛予防といった面で非常に良いものだと思います。

 

出産の時の腰痛を助けてくれたモットンという腰痛対策マットレス

 

元々、中学生時代にやっていた部活の関係で腰を弱くしていた私ですが、妊娠を期に腰痛が悪化しました。
 出産に伴い骨盤が広くなっていく為、腰痛が起きるということはもちろん知っていましたが、初期の段階から仰向けに寝ると腰に負担がかかって、痛くてたまりませんでした。仰向けに寝たい時は、立ち膝にして寝ると少しだけ痛みが軽くなっている気がしたので、膝を立てて寝ていました。時折、歩いてるだけで腰の左側に激痛が走り、普通のペースでは歩けなくなるほどのこともありました。しかし、妊娠中ということもあり、整骨院や整体に行くことはできません。出産したら治ると言い聞かせながら臨月を迎えました。
 しかし、お腹が大きくなればなるほど赤ちゃんの重さもあるので、負担は大きくなります。姿勢にも気をつけていましたが、少し動いただけでお腹は張るし、腰の痛みも増します。この感覚は個人差が大きいので、私以上に痛みと戦っていた方もいるかと思います。腹帯をして少しでも腰の負担を和らげようとしましたが、7割くらい気休めな気がしてました。お腹の中の赤ちゃんの成長が嬉しくもあり、生まれてくる子を楽しみに思う気持ちはもちろん日に日に大きくなっていきました。出産による痛みを抑える為にモットンで寝ていたのですが凄く効果的で助かりました。

 

そしていよいよ出産の日がやってきました。陣痛なんて初めての経験です。鼻からスイカだなんて例えはわかりづらいです。かと言って表現の仕様もない痛みと戦うのです。最初はやはり腰の痛みからきました。腹痛や頭痛、息苦しさと、陣痛が進めば進むほど痛みは増していきます。陣痛室に行く前に入院して個室へ。激しい腰痛と寒気が止まりませんでした。ひたすら旦那に腰をさすってもらいました。陣痛室に移動の際は、ベッドから降りられないし歩けない、陣痛室のベッドにもあがれないほどの腰痛でした。とにかく痛かったです。分娩台に上がるものやっとでした。そんなことを乗り越えて、ようやく可愛い我が子に出会えたのです。そして腰痛ともおさらば!なんて思っていましたが…。

 

 

腰の痛みも大分和らぎモットンでずっと寝ていて出産から7ヶ月が経ちました。未だに腰痛が治りません(涙)。子どももまだ小さいし自分の都合で整骨院、整体に行くことも難しくなりました。産後の骨盤ベルトも、しっかり毎日巻いていれば少しは違ったのかと後悔しています。日々子どもを抱っこにおんぶで家事もしているせいか、更に骨盤が歪んだのでしょう…。腰痛も悪化したように感じています。こんなことを経験しながらも、子育てと家事をこなしていく世の中のお母さんって、本当に凄いなと感じています。私の腰痛、早く治りますように…。

 

参考サイト 
モットンの専門サイト-腰痛改善効果から口コミや評判まで紹介!-